古民家のリノベーションってどれくらいの費用が必要

都会の喧騒を離れて、時間に追われることなく
スローライフを満喫するのは誰もが憧れる生活でしょう。

最近の田舎暮らしで注目すべきは
古民家をリノベーションすると言うものです。

リノベーションとリフォームは同意語で使われることが多いですが、
本来リフォームは古くなった構造や建具を
元のあるべき姿へ戻すことであり、
リノベーションとは元の建物を修復しつつも、
付加価値を付けて家を改修することを指します。

具体的には熱供給がガスだったものをオール電化に換えたり、
屋根に太陽光発電の設置や、床暖房にチェンジしたりと、
古い建物をより生活し易く性能向上させることを意味します。

そうすることによって、田舎暮らしでも
不自由なく生活することの手助けとなります。

では実際にリノベーションする場合の費用についてですが、
先ず古民家の特徴として、
古い日本家屋は柱や梁にヒノキやケヤキが使われておりました。

この樹木の特徴は伐採後約100年で一番強度が増し、
その後200~300年間はその強度を維持します。

住居の柱や梁を交換する場合、
建物の大部分を解体する必要があり、当然費用が高くなります。

このことで古民家は傷んでる箇所を部分的に改修するだけ済みます。

その分、他に改修費用を回せるので、意外とリーズナブルなのです。